WiMAXの契約で動画視聴を利用する

WiMAXは通信回線の契約の形態になり、3日間で10GBまで使うと
制限がありますが使いたい放題の月額サービスになります。

10GBは高画質な映像作品の約5本から10本程度のデータ容量なので、
ヘビーユーザーでなければ上限に達することはありません。
上限に達しても3日間の制限が過ぎれば通常速度で利用出来るようになりますし、
オーバーした時にも低速で通信は可能になります。

使いたい放題でも短時間で使い過ぎると制限が発生するので、
自宅やオフィスで無線LANを使用出来るならば適宜に切り替えて使うことが重要です。

また大きなデータはパソコンなどを使ってダウンロードしておき
外部メディアに保存して使うなど、工夫をすることで遅延なくデジタル情報を使うことが出来ます。

現在は動画配信サイトが数多くあり、場合によってはダウンロード利用が可能なのです。
ダウンロードアプリの利用を推奨しているサイトもありますので、
法律を順守して視聴を楽しむのが正しい方法になります。

動画の視聴

WiMAXは以前に比べれば通信速度も速く、データ容量の実質的な上限も高くなっているのが特徴です。
特徴を理解して使えば、ビジネスにプライベートに役立ちます。

WiMAX回線で楽しむことが出来る目安時間

WiMAXは使いたい放題の回線契約になります。3日間で10GBの利用をしてしまうと、
通信速度の低下と言う制限が発生しますので使い方には注意が必要です。
重いデータをやり取りしたり、高画質動画を視聴するなどを繰り返せば
3日間の上限に達してしまいます。

ネット使用の制限

10GBは最もメジャーな動画サイトで目安にすることが分かりやすいです。
YouTube最高画質の長時間動画を見た場合には約5時間の利用が可能であり、
YouTube標準画質の場合ならば約15時間程度の利用が可能になっております。

WiMAXを契約していても自宅など無線LAN回線がある時には、
切り替えながら使用するのが上手なデータの活用の仕方です。

他にも重いデータをやり取りする時には、クラウドサイトを使ったり
データを圧縮してみるなどの工夫が必要になります。

動画サイト内では画質を任意に選べるので、画面サイズに応じて
適切なデータのサイズを選びながら使うことも節約ポイントです。

不要なデータやポップアップを削除したり、データ通信をしないようにする設定もあります。
普段からバックグラウンドで使うサイトは、使い分けをすることでデータの削減や
電池寿命を長くする効果がありますのでおすすめです。