shadow

端末と回線の割引をセットにできなくなった

2022年7月1日から改正電気通信事業法が施行されました。変わった部分を理解しておくことで、契約するときに大きく影響があるでしょう。

WiMAXに関して関係があるのは、端末と回線を分離することだといいます。今まで通信業者との契約をするときに、端末購入とセットで契約していた人が少なくありません。

実際に本体代金の大幅な割引が行われるようになってきましたが、WiMAX契約時に新たにスマホを購入して端末代割引をすることができなくなりました。そのため、端末の割引は端末の代金からのみ行われるようになり、WiMAXの契約での割引とは一緒にすることができません。
契約するときに端末代の大幅な値下げを期待していた人にとっては、残念な結果となっています。

機種変更

ただし、スマートフォンと無線での通信を行うワイマックスを一緒に契約する人はそれほど多くないため、あまり影響がないと感じている人もいるかもしれません。しかし、利用する人の中には契約をしていたこともあるため、一概に影響がないとは言えないのが実情です。契約時に割引を当てにして予算を少なめに見積もりせずに、事前に見積もりをもらってから契約するなどの配慮が必要となりました。

違約金に関する価格の設定が・・・

WiMAXに対して改正電気通信事業法が最も大きな影響を与えているのは、過剰な囲い込みを禁止していることです。今まで契約していた人の中には解約時の違約金が過剰であったため、2年契約・3年契約などを継続していた人もいます。

しかし、法律の改正に伴い、今までのように解約時の違約金を自由に決められなくなっており、サービスの月額料金を上限とした金額と決定されました。そのため、今までのように暴利な金額で違約金を支払うことはなくなっています。WiMAXプロバイダ側は今までのように違約金を請求することが難しくなったのをきっかけに、違約金の値下げ及び違約金制度撤廃をするなどの意見も少なくありません。

契約・違約金

これ以外にもWiMAXプロバイダ側は、携帯電話会社に対抗して過剰な値下げを行うこともできなくなりました。現在の料金よりも高額となってしまう可能性が懸念されています。ルーターなどの長期貸与を含め、ある程度2年契約などの長期的な契約をしなければコストの回収が難しいといわれているため、今後の関連企業の対応に関して期待している人も少なくありません。

2022年7月中旬現在ではWiMAXプロバイダすべてがこの改正に従っているわけではなく、今後徐々に業界内では常識となると考えられています。

スマートフォンのお得な料金プランについて

インターネットを利用したいが、少しでも安く抑えたいと考えている方が多いはずです。

そこで、人気が高いWiMAXとスマートフォンの料金プランを比較して見ていきます。

スマートフォンの料金プランではギガホの人気が高く、知っている方が結構いるかと思われます。
60GBまで6550円で、3GBまでしか使わなかった月は1500円安くなって5050円です。

60GB以上使用した場合は、最大1Mbpsで利用することができます。
WiMAXと比べると高く感じるかもしれませんが、60GBまで高速通信でインターネットを
利用することができますし、何かトラブルが生じてもサポートがしっかりしているので安心です。

6550円は使い方によっては安く感じることができると思われます。基本的にスマートフォンだけで
インターネットを利用する方はギガホが良いです。

料金プランの比較

様々な選択肢があるわけですが、自分に適したものを選ぶことが大事になります。
安いだけで決めてしまうと、WiMAXが使い勝手が良くなくて後悔してしまうケースが
あるので気をつけてください。

どの方法を選んでも同じに見えるかもしれませんが、比較してみると異なる部分が
少なくないです。

様々な機器で使用する方におすすめ

ドコモとWiMAXのどちらがいいかを見極めるために、ポケットWiFiを代表している
WiMAXの料金についてもしっかり把握しておくべきです。

月額1900円でインターネット業界で最も安い料金でサービスを提供しています。
スマートフォンだけでなく、タブレットやパソコンなどでも利用したい方にWiMAXは
適しています。

回線スピードの改善

ただ、全てのエリアをカバーしているわけではなく、
地方で生活している方は通信スピードが遅くて不便な
思いをする可能性があります。

また、地下や鉄筋コンクリートの建物の中は通信が
不安定になりやすいため注意してください。
安いことは魅力ですが、回線スピードが不十分で
ストレスを感じながらインターネットを利用する
ことになるかもしれません。

自分と同じような使い方をしている人の意見を参考に
してみてください。利用者がかなり多いため、同じ
ような使い方をしている人がいるはずです。

通信スピードに問題がないか、インターネットが使えない問題が生じないかチェックするべきです。
利用してみないと分からないことがあるため、参考になる情報を得ることができます。
自分だけの意見で決めるより、良い選択ができるはずです。

短期間だけ使いたい方にも適している

引っ越しや回線の変更に対応するために短期間だけインターネットを利用したい場合、
どうしたらいいか分からない方がいるはずです。そういう方はUQWiMAXの利用をおすすめします。

端末があれば工事不要ですぐに使えますし、1日利用プランで24時間527円になっています。
短期間だけしか利用しないのに、月額料金で契約してしまうのは勿体ないです。
1日くらいしか使用する予定がないのであればUQWiMAXが適しています。

他のところもありますが、通信の安定性や料金の安さを考えたら、UQWiMAXが1番です。

引っ越しなどの際は、工事をしないと利用できないことがあるので、どうしても短期間だけ使えなく
なってしまうケースが生じます。

インターネットが無くても生活できる人であれば構いませんが、コミュニケーションや動画、音楽、
ゲームなど様々な場面で使用するわけなので、使うえないとかなり不便です。

ネット注文ネットで注文すれば、指定された日に届けてもらえるので、店舗に行く必要はありません。
若い世代の生活にとってインターネットは不可欠な存在なので、1日利用プランで契約する
ことを検討してみてください。設定も簡単なので大丈夫です。

在庫が少ない店舗がある

WiMAXのレンタルWiFiを利用する場合、注意するべきことがあります。

それは何かというと、WiMAXは人気なので店舗によっては在庫切れが発生している可能性が
あることです。

利用したい時にレンタルをすることができないかもしれません。月額契約がメインになるため、
レンタルWiFiの数に限りがあるのは仕方ないです。

また、WiMAXはエリアによって通信が不安定になることも知っておくべきポイントになります。
どこで使用しても通信スピードが速いわけではなく、通信スピードが遅くなったり、地下や鉄筋
コンクリートの中では通信が途切れてしまうこともあるので注意が必要です。

料金形態は慎重に

自分に適しているのかを判断するために、実際に利用した人の意見を参考にしてみてください。
利用してみないと分からないことが結構あるため、参考になる情報を得ることができます。

自分がよく利用するところでの通信が不安定であれば、を感じながらインターネットを利用する
ことになります。WiMAXは月額1990円で安いことが最大の魅力ですが、安いだけで決めてしま
うのはナンセンスです。

料金の安さだけで決めてしまうと、後悔する結果になる可能性が高いです。

WiMAXとテザリングの違いとは?

スマホのテザリング機能

WiMAXは非常に便利な機器ですが、WiFi環境がない場所でインターネットに接続する場合、
スマホのテザリング機能を使うという方法もあります。

テザリング機能とは、パソコンやタブレットなどの端末をスマホなどのモバイル端末を介して
インターネットに接続する機能のことを指します。スマホをモバイルルーターにする機能とも
言えますが、この機能を使えば新たにWiFiを契約する必要がないとともに、モバイルルーターを
持ち運ぶ必要がないため荷物の量を抑えることが可能です。

一方で、テザリングはスマホに搭載された機能の一つでしかないため、不便に感じられる部分も
少なくありません。

例えば、この機能を使用すると通信データ容量を圧迫するため通信制限がかかる可能性が高いと
ともに、消費電力量が大きくなるためバッテリー消耗が激しくなります。加えて、WiMAXと比べる
と通信の安定性や速度が劣るという違いもあるので注意が必要です。

そのため、インターネットの使用頻度が高い方や、動画などのデータ容量が大きいコンテンツを
利用したい方、通信データ容量に制限がある方、通信の安定性や速度を重視する方などはWiMAXを
選択した方が良いでしょう。

テザリング機能の種類について

一口にテザリング機能と言っても、大きくWiFiテザリング・USBテザリング・Bluetoothテザリングの
3種類の接続方法があります。

WiFiテザリングは最も一般的な接続方法で、WiFiを利用してスマホとパソコンなどの端末を接続します。

通信速度が比較的速く、複数の端末を同時接続できるというメリットがありますが、バッテリーの
消耗が激しいとともに、複数端末を接続すると通信速度が低下するというデメリットがあります。

USBテザリング

USBテザリングは、USBケーブルを利用することでスマホとパソコンなどの端末を接続する方法です。WiMAXの有線接続は、この接続方法に分類されますが、有線で接続するため通信が安定性が向上するというメリットがあります。

一方で、USBケーブルを持ち運ぶ必要があるとともに、複数端末を同時接続することはできません。Bluetoothテザリングは、Bluetoothを介してスマホとパソコンなどを接続する方法です。
バッテリー消耗が少なく、複数端末の同時接続も可能ですが、通信速度が遅いというデメリットが
あります。

このように3種類の接続方法には、それぞれメリット・デメリットがあるので、自身に合った
接続方法を選択することが大切です。

GMOとくとくBBの基本情報と3つのキャンペーン

GMOとくとくBBは、2009年よりGMOインターネット株式会社が提供しているプロバイダです。
安い値段でWiMAXが利用できる、ギガ放題とプラスプラン・通常プランの3種類が提供されています。

なお基本料金は他社よりも割高であるにもかかわらず、月々の利用料が安く抑えられるのは
3つのキャンペーンを実施しているからです。ギガ放題プラス限定、WiMAX2+限定の
キャッシュバックキャンペーンと月額料金の割引キャンペーンが該当します。

特にギガ放題プラスとWiMAX2+で利用できるバックキャンペーンでは、
キャンペーンを利用しない時と比べて10,000円もお得な状態で契約が可能です。

月額料金割引キャンペーンの場合も、月々の料金はお得になっています。
しかしギガ放題プランを契約する場合においては、月額料金の割引よりも
バックキャンペーンを利用した方がより割引率が上がります。

割引プランの活用

全体の総額で見れば、およそ5,000円分は浮く計算となるからです。
契約時に実施されているキャンペーンをチェックおよび比較して、
どちらのキャンペーン・プランが総額でお得なのかを
しっかりと見極めた上で契約するようにしましょう。

WiMAXのバックキャンペーンの貰い忘れに注意

せっかくお得なWiMAXのバックキャンペーンで契約していても、
うっかり時期を逃して貰い忘れてしまう方も多いため注意が必要です。

ポイントは手続き案内のメールが送られてくる時期と、その手続きを怠らないことです。

案内メールが送られてくるのは、契約月を含めた11ヶ月目となります。
メールを受け取ったら11ヶ月目から12ヶ月目の間に、銀行口座を登録しておく必要があります。

もちろん、案内メールには登録方法が記されているためその内容に従って手続きを済ませると良いです。
ちなみに登録した口座に、バックキャンペーンの現金が振り込まれるのは13ヶ月目となります。

振り込み

注意点として挙げられるのが、GMOと契約した時に発行されたアドレスに
案内メールが届くということです。キャリアのアドレスではなく、
契約したプロバイダが提供するアドレスに届くという点に注意しましょう。

加えて11〜12ヶ月目の期間中にしかお金を受け取る口座の登録ができない点、
プロバイダのアドレスには大量の広告メールが届く点にも注意が必要です。

不要な広告に紛れて、大切な案内メールを見逃したという事例が後を絶ちません。
WiMAXの契約からおよそ1年後に届くため、忘れがちであることにも留意しておきましょう。

選べるプランが魅力的

WiMAXの契約を考えている人の中には、GMOとくとくBBの契約について考えている人が少なくありません。
メリット・デメリットそれぞれの情報を正確に把握し、利用することでよい結果につながります。

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が提供しているサービスです。
2009年から運営しているインターネットプロバイダで、高品質なサービスを
低価格で提供することをモットーにしている会社といえます。

ネットのプロバイダー

なお、WiMAXのサービスは複数提供しており、とくとくBBで提供しているサービスの充実ぶりにも影響が大きいです。

具体的に選べる料金プランは充実しており、ギガ放題プラス・ギガ放題・通常の3つのプランが存在しています。
最もサービスが充実しているのはギガ放題プラスで、3日で10GB使用可能なギガ放題や
1ヶ月に7GB利用可能な通常プランよりもはるかに多いデータ利用の仕様ができるのが特徴です。

料金差はそれほど大きくないため、ギガ放題プラスを進める人が少なくありません。
ただし、それほどデータを使わず、仕事などの関係でWiMAXを使用するのは
資料やメールを確認するだけの場合には、通常プランやギガ放題を利用することも可能です。

キャッシュバックなどのお得な条件もある

WiMAXの契約をするときにGMOとくとくBBで魅力的なのは、選べる料金プランです。
自分たちの使用するデータ量で制限の少ないプランを選ぶか、逆に制限をつけて選ぶのかを選択することができます。

利用するプランによって効率よく仕事をすることなども可能となるため、
プランごとの条件や情報を確認して利用することがより良い結果につながることは事実です。

また、キャッシュバックキャンペーンなどを実施していることもあるため、
確認して契約するとお得なプランで契約できます。

お得なプランで契約

ただしキャッシュバックのメールが届くのが契約してから11か月後となるため、
こまめにメールをチェックすることが必要です。

通信速度や通信の質に関しては非常に口コミでも評判が高いです。
安心して使うことのできるプロバイダとして評価している人が多いといいます。

WiMAXを利用するときに通信面での質にこだわる人は少なくありませんが、
安心して使えるプロバイダといえるでしょう。

契約するときにオプションなどの条件も確認しなければならないため、
慎重によく読んで契約することで納得できるWiMAXの通信環境を整えることができますので、
事前にホームページをよくチェックしてください。

どんなときもWiFiのサービス停止

どんなときもWiFiは株式会社グッドラックが展開していた通信サービスで、大容量データを定額で利用できる当時画期的なサービスでした。
しかし度重なる回線の不良や料金体系の説明不足など、トラブルが続出したのです。

トラブルが多発する

数々のクレームが総務省に集まったことをきっかけにして、行政指導が入り事業の継続が不可能になりました。

モバレコAirはどんなときもWiFiとセットで、ホームルーターとモバイルルーターのセット展開をしており、
定額料金で大容量データの通信が出来ることが最大のサービスポイントだったのです。

契約にはない通信制限が回線の不安定さ、つながりにくいなど通信回線を提供する品質が
低かったのが多くのクレームを集めてしまった原因になります。

障害が発生しても早期復旧出来ない技術力の無さや、ノウハウや対応力の拙さも問題になりました。

料金体系を含めて期待されていたMVNOでしたが、結果的には消費者の期待を裏切り
総務省に行政指導されたことが最後のきっかけとなってしまったのです。

数多くのMVNO業者が一時期乱立しましたが、経営統合や大手キャリアの傘下に入るなどで
現在は業界再編が進んでおります。

WiMAXの前の定額サービスについて

WiMAXはモバイルルーターを提供する営業形態を取っており、使いたい放題で
大容量のデータにアクセス出来ることが魅力の通信回線になります。

大手キャリアの子会社が運営しており、信頼性が抜群なのを背景にして会員数は増加していることが特徴です。

信頼の高いネット会社

また大手キャリアの回線とMVNO回線を使い、つながりやすくするサービスや、
地域エリアによっては通常の速度よりも数割増しのスピードを実現するなど
一味違ったサービスを提供しております。

現在はモバイル時代に移り、有線LANの利用からモバイルデータ通信へと、
ユーザーがシフトしてきているのです。ニーズと提供のバランスによって
WiMAXの需要は伸びており、今後はさらに5Gなどの本格導入によって
会員数は加速することが予測されております。

ポケットWiFiやモバレコAirは株式会社グッドラックが展開していた、
同様の大容量定額通信回線サービスでした。

自宅でも外出先でもシームレスにインターネットが使えるようなシステムを
展開しておりましたが、サーバーが不安定でつながりにくいなどの
大きなデメリットがあったのです。

WiMAXは大手キャリアの傘下であり技術力がありますが、株式会社グッドラックには
サービスを維持出来るだけの総合力が足りませんでした。

WiMAXやポケットWiFi

ポケットWiFiは主に外出時に一定速度のインターネット接続の通信環境を確保するために、
プロバイダが提供する通信サービスになります。

現在はポケットWiFiの安定感と速度が上がり、外出用でなくても自宅で使っても
遜色のないレベルまで性能が上がってきました。

外出先でネットを使う

別途ホームルーター対応タイプもあるので、接続機器を同時で複数接続したい場合などには
WiMAXに対応したホームルーターを導入してみるのもいいかもしれません。

LANケーブルを接続して使う、従来型のルーターとしても使えるのでフレキシブルな機器に対応してくれます。

WPSはこうした複数の機器を切り替えながら使う時には利便性がある機能であり、
スマホやパソコンやネットワークカメラなどを、ボタン一つでワンタッチで切り替え
使用出来る規格や仕組みのことを言うのです。

通常は切り替えなければいけない時には、設定画面を開きSSIDやパスワードを入力しなければいけません。
WPSが搭載してあれば事前に登録を行うだけで、ワンタッチボタンによって
周辺機器やパソコンなどをかんたん設定で切り替えて利用することが出来るのです。

ルーターに機能がありデジタルデバイスが対応していれば、メーカーを問わずに使えることが特長です。

ポケットWiFiはシームレスな通信接続が魅力です

ポケットWiFiを使うことで、他のデジタルガジェットとリンクさせながら通信環境を使うことが出来ます。

例えばネットワークカメラと複数のパソコンを切り替えながらWiFi環境を使う時には、WPSなどの機能が便利に使えるのです。
ポケットWiFiは現在モバイルルーターの役目を果たしてくれる機器も多く、
受信と接続と分配を効率よく行ってくれるガジェットになります。

高機能で持ち運びが出来る約200グラム程度の重量であり、コンパクトなので
容量の大きな通信をする人はチェックしてみることがおすすめです。

自宅にLANケーブルがなかったり、工事が出来ないなどの事情がある場合には
こうした高容量のモバイルデータ回線を大体で使うのがおすすめになります。

現在は複数のプロバイダ企業で、こうしたモバイル回線プランを提供しておりますので、
用途に見合った契約を検討してみるのがいいです。

ネット契約を検討する

WiMAXは月額定額の回線契約であり、エリアによっては5G契約を追加で支払い、
強力で高速なインターネット接続を利用出来るようになります。

将来的には10gbpsなど現在の数倍から10倍程度の通信速度が出ることが期待されているのです。