shadow

WiMAXとテザリングの違いとは?

スマホのテザリング機能

WiMAXは非常に便利な機器ですが、WiFi環境がない場所でインターネットに接続する場合、
スマホのテザリング機能を使うという方法もあります。

テザリング機能とは、パソコンやタブレットなどの端末をスマホなどのモバイル端末を介して
インターネットに接続する機能のことを指します。スマホをモバイルルーターにする機能とも
言えますが、この機能を使えば新たにWiFiを契約する必要がないとともに、モバイルルーターを
持ち運ぶ必要がないため荷物の量を抑えることが可能です。

一方で、テザリングはスマホに搭載された機能の一つでしかないため、不便に感じられる部分も
少なくありません。

例えば、この機能を使用すると通信データ容量を圧迫するため通信制限がかかる可能性が高いと
ともに、消費電力量が大きくなるためバッテリー消耗が激しくなります。加えて、WiMAXと比べる
と通信の安定性や速度が劣るという違いもあるので注意が必要です。

そのため、インターネットの使用頻度が高い方や、動画などのデータ容量が大きいコンテンツを
利用したい方、通信データ容量に制限がある方、通信の安定性や速度を重視する方などはWiMAXを
選択した方が良いでしょう。

テザリング機能の種類について

一口にテザリング機能と言っても、大きくWiFiテザリング・USBテザリング・Bluetoothテザリングの
3種類の接続方法があります。

WiFiテザリングは最も一般的な接続方法で、WiFiを利用してスマホとパソコンなどの端末を接続します。

通信速度が比較的速く、複数の端末を同時接続できるというメリットがありますが、バッテリーの
消耗が激しいとともに、複数端末を接続すると通信速度が低下するというデメリットがあります。

USBテザリング

USBテザリングは、USBケーブルを利用することでスマホとパソコンなどの端末を接続する方法です。WiMAXの有線接続は、この接続方法に分類されますが、有線で接続するため通信が安定性が向上するというメリットがあります。

一方で、USBケーブルを持ち運ぶ必要があるとともに、複数端末を同時接続することはできません。Bluetoothテザリングは、Bluetoothを介してスマホとパソコンなどを接続する方法です。
バッテリー消耗が少なく、複数端末の同時接続も可能ですが、通信速度が遅いというデメリットが
あります。

このように3種類の接続方法には、それぞれメリット・デメリットがあるので、自身に合った
接続方法を選択することが大切です。