shadow

スマートフォンのお得な料金プランについて

インターネットを利用したいが、少しでも安く抑えたいと考えている方が多いはずです。

そこで、人気が高いWiMAXとスマートフォンの料金プランを比較して見ていきます。

スマートフォンの料金プランではギガホの人気が高く、知っている方が結構いるかと思われます。
60GBまで6550円で、3GBまでしか使わなかった月は1500円安くなって5050円です。

60GB以上使用した場合は、最大1Mbpsで利用することができます。
WiMAXと比べると高く感じるかもしれませんが、60GBまで高速通信でインターネットを
利用することができますし、何かトラブルが生じてもサポートがしっかりしているので安心です。

6550円は使い方によっては安く感じることができると思われます。基本的にスマートフォンだけで
インターネットを利用する方はギガホが良いです。

料金プランの比較

様々な選択肢があるわけですが、自分に適したものを選ぶことが大事になります。
安いだけで決めてしまうと、WiMAXが使い勝手が良くなくて後悔してしまうケースが
あるので気をつけてください。

どの方法を選んでも同じに見えるかもしれませんが、比較してみると異なる部分が
少なくないです。

様々な機器で使用する方におすすめ

ドコモとWiMAXのどちらがいいかを見極めるために、ポケットWiFiを代表している
WiMAXの料金についてもしっかり把握しておくべきです。

月額1900円でインターネット業界で最も安い料金でサービスを提供しています。
スマートフォンだけでなく、タブレットやパソコンなどでも利用したい方にWiMAXは
適しています。

回線スピードの改善

ただ、全てのエリアをカバーしているわけではなく、
地方で生活している方は通信スピードが遅くて不便な
思いをする可能性があります。

また、地下や鉄筋コンクリートの建物の中は通信が
不安定になりやすいため注意してください。
安いことは魅力ですが、回線スピードが不十分で
ストレスを感じながらインターネットを利用する
ことになるかもしれません。

自分と同じような使い方をしている人の意見を参考に
してみてください。利用者がかなり多いため、同じ
ような使い方をしている人がいるはずです。

通信スピードに問題がないか、インターネットが使えない問題が生じないかチェックするべきです。
利用してみないと分からないことがあるため、参考になる情報を得ることができます。
自分だけの意見で決めるより、良い選択ができるはずです。

どんなときもWiFiのサービス停止

どんなときもWiFiは株式会社グッドラックが展開していた通信サービスで、大容量データを定額で利用できる当時画期的なサービスでした。
しかし度重なる回線の不良や料金体系の説明不足など、トラブルが続出したのです。

トラブルが多発する

数々のクレームが総務省に集まったことをきっかけにして、行政指導が入り事業の継続が不可能になりました。

モバレコAirはどんなときもWiFiとセットで、ホームルーターとモバイルルーターのセット展開をしており、
定額料金で大容量データの通信が出来ることが最大のサービスポイントだったのです。

契約にはない通信制限が回線の不安定さ、つながりにくいなど通信回線を提供する品質が
低かったのが多くのクレームを集めてしまった原因になります。

障害が発生しても早期復旧出来ない技術力の無さや、ノウハウや対応力の拙さも問題になりました。

料金体系を含めて期待されていたMVNOでしたが、結果的には消費者の期待を裏切り
総務省に行政指導されたことが最後のきっかけとなってしまったのです。

数多くのMVNO業者が一時期乱立しましたが、経営統合や大手キャリアの傘下に入るなどで
現在は業界再編が進んでおります。

WiMAXの前の定額サービスについて

WiMAXはモバイルルーターを提供する営業形態を取っており、使いたい放題で
大容量のデータにアクセス出来ることが魅力の通信回線になります。

大手キャリアの子会社が運営しており、信頼性が抜群なのを背景にして会員数は増加していることが特徴です。

信頼の高いネット会社

また大手キャリアの回線とMVNO回線を使い、つながりやすくするサービスや、
地域エリアによっては通常の速度よりも数割増しのスピードを実現するなど
一味違ったサービスを提供しております。

現在はモバイル時代に移り、有線LANの利用からモバイルデータ通信へと、
ユーザーがシフトしてきているのです。ニーズと提供のバランスによって
WiMAXの需要は伸びており、今後はさらに5Gなどの本格導入によって
会員数は加速することが予測されております。

ポケットWiFiやモバレコAirは株式会社グッドラックが展開していた、
同様の大容量定額通信回線サービスでした。

自宅でも外出先でもシームレスにインターネットが使えるようなシステムを
展開しておりましたが、サーバーが不安定でつながりにくいなどの
大きなデメリットがあったのです。

WiMAXは大手キャリアの傘下であり技術力がありますが、株式会社グッドラックには
サービスを維持出来るだけの総合力が足りませんでした。

WiMAXやポケットWiFi

ポケットWiFiは主に外出時に一定速度のインターネット接続の通信環境を確保するために、
プロバイダが提供する通信サービスになります。

現在はポケットWiFiの安定感と速度が上がり、外出用でなくても自宅で使っても
遜色のないレベルまで性能が上がってきました。

外出先でネットを使う

別途ホームルーター対応タイプもあるので、接続機器を同時で複数接続したい場合などには
WiMAXに対応したホームルーターを導入してみるのもいいかもしれません。

LANケーブルを接続して使う、従来型のルーターとしても使えるのでフレキシブルな機器に対応してくれます。

WPSはこうした複数の機器を切り替えながら使う時には利便性がある機能であり、
スマホやパソコンやネットワークカメラなどを、ボタン一つでワンタッチで切り替え
使用出来る規格や仕組みのことを言うのです。

通常は切り替えなければいけない時には、設定画面を開きSSIDやパスワードを入力しなければいけません。
WPSが搭載してあれば事前に登録を行うだけで、ワンタッチボタンによって
周辺機器やパソコンなどをかんたん設定で切り替えて利用することが出来るのです。

ルーターに機能がありデジタルデバイスが対応していれば、メーカーを問わずに使えることが特長です。

ポケットWiFiはシームレスな通信接続が魅力です

ポケットWiFiを使うことで、他のデジタルガジェットとリンクさせながら通信環境を使うことが出来ます。

例えばネットワークカメラと複数のパソコンを切り替えながらWiFi環境を使う時には、WPSなどの機能が便利に使えるのです。
ポケットWiFiは現在モバイルルーターの役目を果たしてくれる機器も多く、
受信と接続と分配を効率よく行ってくれるガジェットになります。

高機能で持ち運びが出来る約200グラム程度の重量であり、コンパクトなので
容量の大きな通信をする人はチェックしてみることがおすすめです。

自宅にLANケーブルがなかったり、工事が出来ないなどの事情がある場合には
こうした高容量のモバイルデータ回線を大体で使うのがおすすめになります。

現在は複数のプロバイダ企業で、こうしたモバイル回線プランを提供しておりますので、
用途に見合った契約を検討してみるのがいいです。

ネット契約を検討する

WiMAXは月額定額の回線契約であり、エリアによっては5G契約を追加で支払い、
強力で高速なインターネット接続を利用出来るようになります。

将来的には10gbpsなど現在の数倍から10倍程度の通信速度が出ることが期待されているのです。