格安SIMとポケットWi-Fiを併用するメリット

格安SIMとポケットWiFiは併用することで、様々なメリットを得ることができますが、
その中で最も注目すべきなのが月額料金を抑えられることです。

格安SIMは大手キャリアよりも、月額料金を大幅に抑えることができますが、無制限
プランや希望のデータ容量のプランが見つけにくいという側面があります。

大手キャリアではデータ容量に制限がないプランを提供していますが、価格は高めで
いずれも7,000円台となっており、料金を安くするにはキャンペーンや割引特典を活用
しなければなりません。

ポケットWiFi

しかし、格安SIMとポケットWiFiを併用すれば、データ容量が無制限でも月額料金を
大手キャリアよりも抑えることが可能です。

例えば、月額1,628円(税込)のUQモバイル「くりこしプランS」と、月額4,268円
(税込)のUQWiMAX「ギガ放題」を組み合わせると、月額料金は税込みで5,896円と
なります。

データ容量を気にせずに使えるという利便性を維持しつつ、月額料金を抑えられるのは
大きなメリットと言えるでしょう。

また、格安SIMは大手キャリアとは異なり、契約期間を設けているケースが稀なので、
違約金を気にせずに解約できるという特徴があります。

そのため、短期的にポケットWiFiを利用したいという場合は、格安SIMと併用するのが
おすすめです。

格安SIMとポケットWi-Fiを併用するデメリット

格安SIMとポケットWiFiの併用は、利便性を維持しつつ料金を抑えることができますが、
通信の安定性には不安が残ります。

格安SIMは独自の回線を持たず、大手キャリアの通信回線を借りることでサービスを提供
しているため、時間や場所によって通信に不具合が生じる恐れがあります。

基本的には大手キャリアと同等の品質の通信ができますが、特にユーザーが集中する平日の
通勤時間帯やランチタイム、夕方から夜間にかけての時間帯は通信が不安定になったり、
通信速度が低下したりする恐れがあるので注意が必要です。

また、常にポケットWiFiを持ち歩く必要があるのもデメリットのひとつです。
格安SIMとポケットWiFiを併用する場合、当然ながら常にポケットWiFiを携帯しなければ
なりません。

ポケットWiFiは持ち運ぶことを前提に設計されているため、持ち運ぶこと自体が大きな負担に
なることはないかと思いますが、外出時に携帯するのを忘れないように注意する必要があります。

携帯するのを忘れて外出してしまうと、データ容量がすぐに上限に達してしまう恐れもあるので、
外出時に携帯するのを忘れない工夫をしておくことが大切です。

外出時に携帯するのを忘れない