shadow

どんなときもWiFiのサービス停止

どんなときもWiFiは株式会社グッドラックが展開していた通信サービスで、大容量データを定額で利用できる当時画期的なサービスでした。
しかし度重なる回線の不良や料金体系の説明不足など、トラブルが続出したのです。

トラブルが多発する

数々のクレームが総務省に集まったことをきっかけにして、行政指導が入り事業の継続が不可能になりました。

モバレコAirはどんなときもWiFiとセットで、ホームルーターとモバイルルーターのセット展開をしており、
定額料金で大容量データの通信が出来ることが最大のサービスポイントだったのです。

契約にはない通信制限が回線の不安定さ、つながりにくいなど通信回線を提供する品質が
低かったのが多くのクレームを集めてしまった原因になります。

障害が発生しても早期復旧出来ない技術力の無さや、ノウハウや対応力の拙さも問題になりました。

料金体系を含めて期待されていたMVNOでしたが、結果的には消費者の期待を裏切り
総務省に行政指導されたことが最後のきっかけとなってしまったのです。

数多くのMVNO業者が一時期乱立しましたが、経営統合や大手キャリアの傘下に入るなどで
現在は業界再編が進んでおります。

WiMAXの前の定額サービスについて

WiMAXはモバイルルーターを提供する営業形態を取っており、使いたい放題で
大容量のデータにアクセス出来ることが魅力の通信回線になります。

大手キャリアの子会社が運営しており、信頼性が抜群なのを背景にして会員数は増加していることが特徴です。

信頼の高いネット会社

また大手キャリアの回線とMVNO回線を使い、つながりやすくするサービスや、
地域エリアによっては通常の速度よりも数割増しのスピードを実現するなど
一味違ったサービスを提供しております。

現在はモバイル時代に移り、有線LANの利用からモバイルデータ通信へと、
ユーザーがシフトしてきているのです。ニーズと提供のバランスによって
WiMAXの需要は伸びており、今後はさらに5Gなどの本格導入によって
会員数は加速することが予測されております。

ポケットWiFiやモバレコAirは株式会社グッドラックが展開していた、
同様の大容量定額通信回線サービスでした。

自宅でも外出先でもシームレスにインターネットが使えるようなシステムを
展開しておりましたが、サーバーが不安定でつながりにくいなどの
大きなデメリットがあったのです。

WiMAXは大手キャリアの傘下であり技術力がありますが、株式会社グッドラックには
サービスを維持出来るだけの総合力が足りませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)