骨董品買取を利用する際の注意点は?

骨董品と一言で言っても、絵画では西洋絵画、中国絵画、日本画、掛け軸など、
陶器や茶道具、象牙で作られる工芸品や彫刻が施された美術品、100年などの
歴史がある国内外問わない家具などのアンティーク品など様々な品々が挙げられます。

骨董品買取を利用する際には、ただ単に骨董品買取店に持ってってしまっては
低い査定を受けてしまうなどさまざまなトラブルもあるので、
事前に骨董品買取についての知識を認識したり注意点を把握する事が大切です。

一番気をつけたい注意点は、お手持ちの骨董品の種類によって
査定のポイントや高値になる作家や人気のシリーズなどを事前にチェックし、
買取事例などから買取査定額を把握しておく事が大切です。

またその分野の専門家や知識や優れた鑑定力を持っている鑑定士などが
買取店にいるかどうかも重要です。

例えばか絵画や彫刻品などはコピー品が多く出回っているため
高い鑑定力が求められますし、店舗によってはアンィーク家具などを
買取強化しているお店など、店舗によってさまざまな特色の違いがあります。

事前に自分が持っている骨董品の知識、それに見合った腕利きのある
鑑定士がいるお店を選び抜く力も必要です。

骨董品買取で掛軸を査定してもらうときの注意点

家で片付けや遺品整理などをしていたときに出てきた掛軸は貴重な骨董品の可能性があります。
そのような品であった場合、骨董品などを扱う店に持っていけば高額で買取されることがあります。

いらない物なので捨ててしまおうなどとは考えずに、貴重な品かどうかという査定をしてもらうといいでしょう。その際重要なのが、その掛軸の保存状態です。

査定を依頼する前に確認しておくことなのですが、保存状態が良くなかったために破れていたり、汚れや傷、シミなどがある状態の品では、貴重な品であっても買取価格が低くなってしまう場合があります。

そのような時の注意点については、自分で修復したり、店に頼んで修復するということは絶対に避けるべき行為ということです。

もうひとつの注意点には掛軸の表装をかえてはいけないということです。表装はいつの時代の作品でどのような品物かがわかるヒントがある場合があります。

勝手に表装を修復してしまったことで、査定をする際に骨董品としての価値がわかりにくくなってしまいます。

また、実際に査定をしてもらったら買取価格よりも修復費用の方が高く、損をしてしまうことがあるからです。

尺八などの和楽器の骨董品買取

家に使用していない骨董品は眠っていないでしょうか?掛け軸や貴金属、食器などといったオーソドックスなものだけが骨董品ではありません。

尺八や三味線などの和楽器も骨董品に属しており、買取をすることが可能です。ただその方法に関して詳細をご存知の方は少ないように思われます。

そこでこれら和楽器の買取の手順について述べていくことにします。簡潔に述べてしまうと尺八などの和楽器も、古本と同じような流れで買取が進みます。

すなわち買取の専門業者に連絡し、査定してもらって値段を承諾してもらい契約が成立するという流れです。ただ骨董品の買取となると非常に専門性が高く高額になりうるので、アルバイトなどではなくその専門の人が査定することになります。

そして希少価値が高いものや傷がついていないものであれば、高額の取引となります。また業者によっては出張評価をしてくれるので、事前に相談すると良いでしょう。

使わずにいる尺八、三味線、琴などがあればそれを評価してもらい、次の方の手に渡して使っていただくことも検討してみてはいかがでしょうか。

骨董品買取で、煎茶器を買取ってもらうには

骨董品や美術品買取では、掛け軸や絵画、壺や置物などの人気がありますが、煎茶器に関する買取にも応じてくれます。

煎茶器などの茶道具を売る場合には、その品物に対して力をいれている、骨董品買取業者を利用するのがおすすめです。

現在ではあまり使われることのない茶道具ですが、お宝の鑑定番組などをきっかけに人気を集めていますので、一定数の需要があります。

できるだけ高く売るためにも、茶道具に対する専門的な知識を持った、骨董品買取店を利用しましょう。

近くにそのような店舗がなくても心配はいりません。

今ではインターネットで、査定から契約までできる店舗が増えています。におすすめなのが、宅配キットを無料で送ってくれる業者です。

このような業者は、査定の結果、返品を依頼する場合にも、送った時の送料がかからないようになっています。返送料まで無料にしてくれるところもあります。

この方法を活用して、いくつかの業者に査定を依頼し、もっとも高く買取ってくれる業者を見つけるとよいでしょう。